修道会の歴史・創立者|霊性について|シスターの一日世界の管区|全国の支部・使徒職|行事のこ案内Main


- 日本管区 -


- マリア院 -
札幌市北区北16条西2丁目


日本には、札幌教区のキノルド司教より教育事業のために招かれて、1920年にドイツから三人の修道女が札幌に到着いたしました。
1925年に藤高等女学校を開校して以来、幼稚園、学校と、主に教育の仕事をしてきましたが、大戦中と戦後の社会の必要に応えて、養護施設や老人ホーム、保育所など社会福祉の分野でも奉仕させて頂くようになりました。
現在は、168名の日本人、6名のドイツ人、2名のアメリカ人修道女が、札幌に所在する管区本部を中心に、北海道各地および、東京、草加、一の関、青森など本州数か所において、幼稚園、中学校、高校、大学、保育園、養護施設、老人ホームなどの仕事をしております。なお、日本における本会のほとんどの事業には、「藤」という名前が付けられています。

このようなさまざまな働きを支えていくのが、御聖体のうちに共にいきてくださるキリストであり、御聖体に対する愛と感謝はいろいろな方法を通して表されます。
ドイツにある本部修道院およびアメリカの管区本部修道院では、昼夜を問わず交替で2名が顕示された御聖体の前で祈り続けておりますし、札幌にある日本管区本部修道院でも、毎日午前7時から午後8時まで、交替で1名が御聖櫃の御前で祈りを捧げています。神の摂理に絶対的な信頼をおいてなされた1人の女性の決断が、人間には無謀と思われながらも、神の祝福のうちに多くの実りを結んできたことを、何よりも感謝致します。



〒001-0016 札幌市北区北16条西2丁目
電話 011-747-9709
日本聖マリア管区本部修道院


サイトに記載されている内容の無断転載を禁じます。
Copyright (C) 2001 日本聖マリア管区本部修道院 All Rights Reserved.